calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

TOME 極上のお米

旅の本棚



ブックオフで
格安ゲット!
買取も楽々
ブックオフオンライン ブックオフオンライン

iPhone items

予備バッテリー!



自転車用ケース


高音質で録音♪


ワイド&マクロ
iPhone用レンズ

世界を知るには通貨を知る

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

携帯電話の充電に自転車用ダイナモを使う方法

 被災地では電源確保が一番の課題となっている模様。
実際に、僕の友人も携帯の電源が切れてからいっさい連絡がついていない状態だ。

地震直後にはツイッターで情報発信していたが、電源がない状態ではそれも不可能。
改めて電気の偉大さに気づかされた。

そこで、手軽に発電できるものとして頭に浮かぶ自転車のダイナモ

これを使って携帯やPCなどに充電できないか調べてみたら
いくつかのサイトがヒットしたので、参考になれば。


回路図と必要な部品がちゃんと掲載しているので、多少の知識がある人なら
作れるかも

商品名など詳しく解説できる人いたらよろしくお願い致します。

一応、製品もあるみたいなんで救援物資にどうぞ



原発事故対策 放射能漏れ とろろ昆布で被ばく防護

福島の原発放射能漏れ、女川原発の火災に対して

原発事故が起きると、真っ先に放射性ヨウ素が飛んできます。子供たちが甲状腺に多量の放射性ヨウ素を取り込む前に、ヨウ素剤を摂取しましょう。ところがなかなか薬局でもヨウ素剤が手に入りにくくなってきています。

そこで、事故が起こったらすぐに昆布・とろろ昆布を一日50g食べはじめることでヨウ素剤を摂取するのと同様の効果が期待できると言われています。

とのこと。

原発事故で放射性ヨウ素(ヨウ素131)が漏れ出ると、甲状腺から吸収され、甲状腺癌の発症リスクが高まることになります。

大人よりも子供や赤ん坊のほうが甲状腺の感受性が高いため、事故後すぐに

できれば被ばくする前に摂取するのが最善です。


とろろ昆布詰合せ  


地震災害時マニュアルほかグールグ消息情報などなど

多少でもお役に立てれば〜

1.
グーグルが消息者の情報を閲覧検索できるサイトを開設しました。
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja


2.

ソフトバンクモバイル、iPhoneアプリ「災害用伝言板」の提供を開始

iPhoneから3G回線経由で災害用伝言板への情報登録などが可能なアプリが公開




 「こういう災害 が起こると、

必ず人の不幸に便乗する犯罪者がいるので

コピペして広めて欲しい」


そのコピペ。

特に知っておいてほしいこと


●これから夜になるとき。

阪神大震災 で最後に最大に悲惨に襲った災害 は、「治安悪化」による「人災 」です。

大切な人を守ってください。

一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティ を作りましょう。


●避難した女性の方。

絶対に一人で公衆トイレに行かないで。

便乗する性犯罪者がいます。

常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。


●赤ちゃんがいる方。

赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。

阪神大震災 で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。

彼の死を無駄にしないで。


●電話の使用は極力避けてください! 

非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 

安否の確認は災害 用伝言ダイアル171番 

またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。


地震 が起こったら、必ず窓を開けてください。

そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。

まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。

阪神淡路大震災 の経験から、皆さんに伝えます。


●停電をした地域は、必ずブレーカー を全て落としてください。

また避難する際も絶対にブレーカー 落としてください。

送電時に火災になって家が燃えてしまいます。

停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。

通電されたら小さなブレーカー を一つづつ入れて下さい。

漏電ブレーカー が落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。


●ガスの元栓をしめてください。

ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。


●断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。

飲料水の確保もお忘れなく。

ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。


●足元数十センチの津波 でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。

絶対に見物などには行かないようにしてください。


●車のトランクにタイヤ交換 用のジャッキがついているはずです。

瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。


●室内に居る時も、履物の確保をしてください。

ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。


●避難する時は、

雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも

簡易ヘルメットになります。

おなじように足に巻けば、履物になります。


とりあえずね


| 1/1PAGES |