calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

TOME 極上のお米

旅の本棚



ブックオフで
格安ゲット!
買取も楽々
ブックオフオンライン ブックオフオンライン

iPhone items

予備バッテリー!



自転車用ケース


高音質で録音♪


ワイド&マクロ
iPhone用レンズ

世界を知るには通貨を知る

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

国母選手についての喧々諤々

さっき、スノーボード・ハーフパイプの決勝が終了して

圧巻のパフォーマンスでショーン・ホワイトが金メダルに輝いた。

アメリカ勢の勢いは前回大会に比べればそれほどではなかったものの

日本勢も頑張っていた。


選手の中で、今回別の意味で注目を集めた国母。

口数少なく、寡黙な印象を俺は受けた。

恥ずかしがりやの裏返しがあの態度になっているような印象だった。


しかし、国民の代表という立場上、納税者からのバッシングは厳しかったと思う。

あれがもし、支給されたウエアを着ることなく
勝手に自分の好きな格好をしていたなら

まあバッシングもある程度は理解できる

でも、着こなし方に問題があり
記者会見の言動に問題があると

日本の代表としての品格に問題があると


そこで、以下の記事を紹介したい。


ここから↓


ルールと価値観

2010年2月15日 19:08

スノーボードの国母選手の服装が問題視された事件が数日前にあった。この事件への対応が少し気になっている。

というのも、ルールと価値観が混同されているような気がする。

国母選手の空港での服装がだらしないと思う日本人はかなりの数いると思う。僕も国母選手の服装は格好悪いと思う一人だ。
しかし、腰パンのどこが悪いという日本人も少数派かもしれないが若者を中心にいることだろう。

スキー連盟の会長が「大いに不愉快」と発言をされていたが、そう思う人がいても不思議ではない。

しかし、不愉快に思ったり、だらしないと思ったりというのはその人の価値観であり、誰かの価値観にあわないから処分するというのは、私的な集まりではともかく、オリンピック代表団のような公の場では行えないはずだ。公の場での処分は、明確なルールに違反しているときでなければいけない。

たとえばもし、国母選手が定められた代表団のブレザーやネクタイを着ていなかったというならば、ルール違反で処分されるべきだ。

ルールは守らなくてはならない。しかし、価値観は多様だし、多様であるべきだ。ルールで定められていないことについて、後から価値観を理由に、公の場で処分するのはいかがなものか。

しかも批判が多く寄せられたから、公式な応援を取りやめるとか、誰かが不愉快に思ったから行事に出席を自粛させるというのは、対応としておかしい。

オリンピックの日本代表団の編成方針には、「日本代表選手団は、礼儀を尊び規律を遵守し、活力ある日本を代表するに相応しい選手・役員をもって編成する」と定められているそうだ。

国母選手は、この編成方針に沿って選手団に選ばれている。ということは、国母選手のそれまでの服装や態度は、問題視されていなかったということになるのではないか。

オリンピックの日本代表には着こなしも重要な要素であるというならば、選手選考のときに、代表団の編成方針にあっていない選手はたとえ強くとも選ばなければよかっただけだ。

漫画家のやくみつるさんが「本来、制服を着崩すことがよくないのに、学校では恒常化しており先生がとがめることもない。この風潮に待ったを掛けるためにも、国母選手は本国に召還すべきだ。」と発言されている。日本相撲協会外部委員でもあるやくさんの気持ちはよくわかる。

しかし、学校で恒常化している着崩しを止めるために、国母選手を処分するということがあってはならない。処分はルールに違反したから処分されるのであって、誰かの価値観にそぐわないからと処分をしてはいけない。

国母選手は、記者会見で、鼻ピアスもやめたという。空港での服装がちゃんとしていたら、鼻ピアスはしていてよかったのだろうか。服装がだらしないから鼻ピアスもやめろということならば、まるでルールはなく、誰かの感情や価値観で物事が決まっていることになる。

腰パンは駄目、鼻ピアスは駄目、でもドレッドヘアは良いという線引きは、何を基準にしているのだろう。

鼻ピアスはだめだけど、耳のピアスは良いのだろうか。女子選手なら鼻ピアスも良かったのだろうか。

腰パンは駄目だけれど、茶髪は良いのだろうか。金髪に染めるのはどうなのだろうか。モヒカン刈りは不愉快ではないのか。
ワイシャツの一番上のボタンが留まっていないのは許されるのだろうか。シャツの裾はズボンに入っていれば、多少ネクタイがゆるんでいても良かったのか。

日本の学校も、日本の社会も、ルールは確実に守る、ルールに違反したらなんらかの処罰がある、しかし、価値観は多様であるということを教え、受け入れるべきではないだろうか。

だからといって国母選手がなにも痛い思いをしないというわけではない。

国母選手もスノーボードの競技を続けていくならば、強化のためにスポンサーが必要になってくるだろう。そのときに、腰パンにゆるめたネクタイで人前に出てくる選手とぴしっとした格好で人前に出てくる選手のどちらにスポンサーがつくだろうか、ということを考えなくてはならなくなる。

そのときに彼がぴしっとした格好をするか、腰パンでも金メダルを取った選手をスポンサーが選ぶと判断するか、それは彼の選択だ。

価値観にあわないから、日本選手団の中でも特定の選手を個人的に応援しなかったり、喜ばなかったりするのは自由だ。

しかし、定められたルールではなく、特定の人の価値観にあわないからといって、処分を下すのはおかしい。ルールがないから、処分できないので強制的に自粛させるというのはもっとおかしい。

頑張れ国母。僕は応援するぞ。

実は先日、ある通夜に行ったら、ご遺族の高校生が、制服のズボンが腰パン状態で、焼香をしていた。びっくりした。

ご両親は、注意しなかったのだろうか。高校生の彼は故人に敬意を表して制服を着ていたのだろうか。

やくみつるさんが嘆く気持ちがよくわかる。学校も制服は定めても制服をどう着るかというルールを定めていない、あるいは定めていてもそのルールを守らせていない。家庭でも、その場にあった服装とはどういうものかを教えていない。

それで国母のことを怒ったって。

制服の着こなし方をきちんと定めて、その通りに着てこない生徒は学校に入れない。度重なったら停学にする。それぐらいのことを公立の中学校、高校でもやるのかどうか。それだけの覚悟が日本の社会にあるのか。

そこまで今回議論しても良いと思うし、議論すべきだと思う。

ついでに言うと、お通夜に黒を着て行ってはいけない。昔、通夜に黒い礼服を着ていって、オヤジにおまえは何を考えとるのかとぶん殴られたことがある。ダークスーツを着ていったお通夜で、麻生太郎代議士に、おまえ案外そういうところはちゃんとしとるなとほめられたことがある。

でも、最近のお通夜ではほとんどの人が黒を着ていく。ひょっとしたら橋本団長もスキー連盟の会長もお通夜に黒を着ていくかもしれない。

国母はそれを見てなんか言うだろうか。

僕の湘南ベルマーレ応援眼鏡も評判が良くない。国会議員があんな緑の変な眼鏡かけてみっともない、と時々言われる。

それでも僕はあの眼鏡で、天皇陛下がお言葉を述べられる通常国会の開会式に参列した。
予算委員会もあの眼鏡だった。

あの眼鏡やめてたら、本会議の代表質問できてただろうか。

以上

これは河野太郎公式サイトより引用(にしては全部コピペだw)



テレビを見ていて
妹(36)と言い争いになりそうになった。

妹の言い分は

国の代表として、大人なんだからちゃんとするのが当たり前
おじいちゃんになってから絶対にあの時のことを後悔するはず

いまだから好き勝手にやっている

20歳にもなって大人になりきれていない

しかも、競技後のコメントで国母が

「自分よりうまい人が出てきたら自分はいつでも退きます」

的なことを言っていたらしい

それにもブチ切れ


あの格好をかっこいいと思っている人がいるのは分かる

大多数がかっこ悪いと思っているんだから。
そんな格好をするべきではないという


その言い分も分かるけど

完全に少数派意見を抹殺する言い分だと思った。

もうそれ以上議論する気にもなれなかった。

着物がベストだと思っている人に
洋服のほうが便利だよと言っても

しょうがない

いやそんな次元の話ではないな

格好ってなんなんだ?

スタイルとは?


一時期、スノーボードの競技会でも

個人のスタイルを重視するか難易度を重視するかなんて
議論が一瞬だけあった。

個人のスタイルを重視する方向性はその後
ビデオ作品やブランドイメージ戦略へと流れ

難易度を重視する方向性がコンペへと流れた。

昔はスキー場側がマナーが悪いということでスノーボーダーを締め出していた
(いまもあるのかな?)


昨日、目が見えなく耳が聞こえない障害者が爆笑問題と一緒にテレビに出ていた

障害とは何か?

規格製品を能率的に生産するために
ライン作業を的確に行うことができる

ある程度のレベルを保った人間が必要になったのは近年になってからだ。

という。

確かに

いまでも東南アジアの山岳民族のところへ行ってみると
何かしら障害を持った人間がある一定の割合でいるように感じる。



地球上で生きている生物はどれぐらいの種類がいるんだろうか

日本で暮らしている人の種類はどれぐらいいるんだろうか

どれぐらいの多様性が世界的には楽しいと感じるのだろうか

多様なら多様なほどいいのか

同類なら同類でいるほうが心地よいか?












JUGEMテーマ:オリンピック日本代表
 

スポンサーサイト

  • 2011.03.12 Saturday
  • -
  • 01:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック