calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

TOME 極上のお米

旅の本棚



ブックオフで
格安ゲット!
買取も楽々
ブックオフオンライン ブックオフオンライン

iPhone items

予備バッテリー!



自転車用ケース


高音質で録音♪


ワイド&マクロ
iPhone用レンズ

世界を知るには通貨を知る

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

蚊を自動追尾で打ち落とす装置(動画つき)

カルフォルニア州ロングビーチで開催されているTED(Technology, Entertainment and Design)会議で、Intellectual Ventures LaboratoryのNathan Myhrvold氏は飛んでいる蚊を追跡してそれを迎撃する「デス・スター」のような装置を、LED会議でデモンストレーションした。

昨年は、マラリアの危険性をテーマにして講演したBill Gates氏がTED会場に蚊を放したことが話題になったが、もし今年もこのパフォーマンスが行なわれたとしたら、この新兵器が迎撃したはずだ。

この装置は、同研究所に属する科学者たちが部品をオークションサイトで買って作成したもので、カメラが装備されたガラスの箱に複数の蚊を放ち、レーザー装置を箱に向けるとグリーンレーザー光は飛んでいる蚊を瞬時に捉え撃墜!

このライブ・デモンストレーションの後、本当に蚊がレーザーで迎撃される
動画を放映。現在、アフリカなどの場所でこの装置を使う場合、コスト的にどうかについて検討中だという。
というのも、Myhrvold氏は、43秒に1人の子供がマラリアで死んでいる現状を説明し、有効なワクチンがなく蚊帳が支給されても魚を獲る網に使われたりしてしまうという現実を説明した。


(モスキートの羽を焼ききるレーザー光!)

東南アジアや日本の夏w
アフリカなどの亜熱帯から熱帯にかけて蚊の脅威は

そのむかつく羽音やかゆみだけでなく

マラリアやデング熱をはじめとする感染症の媒介をしているのが一番やっかいだ。


タイでも毎年駐在員の何人かは蚊に刺されてデング熱になったりしているからね。

窓際や蚊が侵入しやすい場所に設置することで、進入を防ぐことができれば
効果があると思う。

JUGEMテーマ:新技術

スポンサーサイト

  • 2011.03.12 Saturday
  • -
  • 03:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック