calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

TOME 極上のお米

旅の本棚



ブックオフで
格安ゲット!
買取も楽々
ブックオフオンライン ブックオフオンライン

iPhone items

予備バッテリー!



自転車用ケース


高音質で録音♪


ワイド&マクロ
iPhone用レンズ

世界を知るには通貨を知る

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

強欲主義なんでもやっチャイナw

<怖い中国事情>「ニセ食塩」が飲食業界に蔓延、非食用の工業塩とすり替えも

北京市内の一部食品市場で、食塩とは異なる工業塩などの“ニセ食塩”が出回っており、市当局がこのほど2.5tを押収した。(中略)15日付で京華時報が伝えた。

「中国塩業総公司」とプリントされた袋に詰められたニセ食塩。本来は500gで1.5元(約20円)の製品だが、ニセモノは1kgで1.5元と半額で販売されている。袋にはご丁寧に「偽造製品に注意」「偽造製品は人体に有害です」「偽造製品を発見したらこちらへ通報を」との文言が印刷されている。しかし、実際に詰められているのは工業用の塩。(中略)
 
 ニセ食塩を扱う商店主は口をそろえて「市内の多くの飲食店でニセ食塩が使われている。しかし問題が起きたことは一度もない。そうでなければ我々もこんな商品を扱わない」と言う。しかし、ある店主は「調味料業界は偽造製品だらけ。わたしたちは一切、外食はしない。自分で調理したもの以外は口にできない」と吐露した。北京市公共衛生ホットラインの職員は、「食塩は1人あたり1日平均6gを摂取すると言われ、健康への被害は見過ごせない。しかし、こうした製品を肉眼で見分けることは困難」としている。(
レコードチャイナより


ダイヤモンド・オンラインでも特集「日本を逆転しても意識は“子ども”のまま?
中国が世界にバラまく「強欲社会主義」
で語られているように


中国が世界を席巻しているね


世界の6分の1は中国人だし、世界中どこに行っても中華料理屋はあるし、

大阪のおばちゃんもほれぼれするぐらいのずぅずぅしさを、

子供の頃から身に染み込ませている彼ら

実際に中国に行ってみれば、普通の日本人なら列に並ぶこともできないだろうね

果たして、21世紀は中国の世紀として、底なしの胃袋に飲み込まれてしまうのだろうか?

世界の工場として工業国の地位を確立したようだし
果てしない物欲による内需も拡大の一途をたどるようだし

そういう目で見るならば、間違いないく21世紀は中国の時代と言えるでしょう


しかし、価値観の変化がおきて
かつての工業国だったイギリスなどのEUは金融国家となり
マネーゲームによって富を倍増させるルールを確立し

いまやそのルール改正もどうしたものか…


富めるものが幸せだという観念が
大きく変化しているのも21世紀


物質社会から精神社会へと波動上昇や
アセンションプリーズww
なんていうスピリチュアル世紀の到来?

2012年でカレンダー終わっちゃうから先の心配は無用てかw


日本人としてできることは

日本人の美徳を

誠実に、真面目に、

日々に感謝して美しく生きることだ


それだけは、世紀が変わってもアセンションが起ころうが
中国が金持ちになって日本が貧乏になろうが


変わりなく

磨き続けていけるもの


実際に中国人と直接接してみると
酷いことをしているのは一部の中国人で

ほとんどの中国人は比較的まじめに生活しているってのも事実

人口がめたくた多いから酷いことやっている人数も多く見える

だって分母が多いんだもの
(ま、それにしても日本より分子もめためた割合多いけどwww)


中国人だからと言って偏見することなく
日本人なら、日いずる国らしく

精神的な指導的立場で
謙虚に対応していくのが

いいんではないでしょうかね


そんなことしてたら乗っ取られる?

いやいや日本人そんな馬鹿じゃないですよ(たぶんw)

本物を知っている
本物を作り出している国だもの

コピーに負けるわけがないぜ!




JUGEMテーマ:中国ニュース
 

スポンサーサイト

  • 2011.03.12 Saturday
  • -
  • 02:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック